トップから始まる「組織開発」

2020/05/07

「社員のストレスチェック」「従業員の満足度調査」などは経営陣や管理職の通知表の様なものです。そして、この組織課題に対して「私たちの責任だ」「負の貢献だ」と捉えるようになって真の全社を巻き込んだ組織開発のプロセスが始まります。

「業績は好調」だが「組織は低調」という状況で組織開発はより効果を発揮します。業績不振で経営が傾いているような状況に陥ってしまってからでは、組織開発も効果を発揮するのは大変です。

業績が上手くいているときにこそ、将来を見据えて組織開発に取り組む必要があります。特に、「トップ交代」「創業記念」「中計策定」などのタイミングが組織開発に取り組む好機です。

引用:経営トップから始まる「組織開発」組織は変われるか  加藤雅則著