タカラベルモント株式会社 ルベル事業部様

2021/02/25

Q1:チームコーチングを導入する前に、どんなことで悩んでいましたか?

営業部組織が一枚岩となっておらず、思惑通りに組織全体としての成果が挙げられていなかったことです。さらに営業部全体だけでなく、各営業所内でも同様のことが起こっていました。本気で皆が目標に向かって取り組んでこなかったことが原因ですが、この要因をつくってきた上層部が真の原因だと思っていました。(営業統括部長)

人を育てる、人材育成、という言葉は、主に管理職層に根付いてきたと言えるものの、それをどうやってやるか、組織をまとめチームとして同じ方向に向かってどう活動するかは人によってマチマチ。組織内のまとまりの弱さが散見され、「そもそも」を考える目的意識が低いように見られた。(人事部 統括マネージャー)

 

Q2:何がきっかけで、チームコーチングを知りましたか?

中川代表からの提案があって、今はチーム力が最も問われている時代であることを知りました。その後、さまざまな書籍や成功事例などから、やはり「人がすべて」であり、「人」のパフォーマンスを最大限に向上させることが成功要因であることを確信しました。

 

Q3:チームコーチングを知ってすぐに導入しましたか?導入しなかったとしたら何故ですか?

中川代表の援助をいただき、会社にその必要性を説き、実施、導入することができました。ありがとうございました。実施後も、このチーム力、チームづくりの考えは営業部内にしっかり浸透しています。(営業統括部長)

まずはやってみようというところから、当社の中では一事業部において導入を図りました。(人事部 統括マネージャー)

 

Q4:何が決め手となってチームコーチングを導入しましたか?

中川代表から研修と組織開発(実務を扱い成果を出すことにフォーカス)の違いを人事部の取締役に説明頂いたこと。また、個人向けの研修に限界を感じていたこと。客観的にさまざまな角度から当社、当事業部にぜひとも必要であるとの確信からです。(営業統括部長)

 

Q5:実際に導入してみて如何でしたか?

全営業部所長が経営目標に対してレベルの高い意味付けができたことで、当初厳しいと思われた経営目標達成への意欲が高まり期末には達成することができました。同時にグループからチームへの変革に必要な手順や心理的なプロセスを体験的に学びました。その体験的に学び身に着けたことが営業部や各営業所のマネジメントや強いチームづくりに大きく役立っています。出来れば、全社にもこのチームコーチングによる組織開発という新しい考え方と手法を広げていきたいと思っています。(営業統括部長)

タカラベルモント㈱ルベル事業部 営業統括部長 河内良員様

         人事部 統括マネージャー 松尾様