組織開発カンファレンス in京都(2017年12月13日) 満員御礼!

イベント情報 2017/10/16
組織開発カンファレンス in京都(2017年12月13日) 満員御礼!

あなたの組織は機能していますか?
このたび、「主体的な働き方が成果を創る!」をテーマに、【組織開発の最新手法】である”チームコーチング”の考え方・活用法を事例を交えながらお伝えいたします。
それぞれの組織のメンバーが一丸となって志・目的・目標に邁進し、目覚ましい成果を上げ続ける精鋭組織(チーム)に変容する学び場をともに創りましょう。
そして、この機会を異業種の方とのネットワークづくりの場としてご活用頂けましたら幸いです。
組織開発カンファレンスin京都

開催日時 12月13日(水)14:00~17:00 (13:30~受付開始)
場所

京染会館

京都府京都市中京区四条通西洞院西北角

http://www.kyozomekai.or.jp/access/index.html

コース名 組織開発カンファレンス in京都
コース概要

組織内のコミュニケーションやチームワークなどの関係性に働きかけるアプローチを組織開発といいます。日本の組織も「研修」から「組織開発」への広がりが必要とされています。人材開発は個人が対象であり、個人の持つ能力やスキルを高めることを目指しています。一方、組織開発の場合、対象となるのは組織全体や部門、部署、個人など多様で複雑なレベルに及び、人や関係性という、組織の中のソフトな面にも光を当てて変革を目指すものです。組織開発は様々な手法や理論が入っている「包括的な箱」のようなもので、ある特定の手法を指すわけではありません。したがって、組織開発の全体像を直感的に掴むことは難しい。《引用:「入門 組織開発 活き活きと働ける職場をつくる」中村和彦著》

日本には馴染みが薄いのが現状ですが、欧米では組織開発という概念が既に定着しています。

エディジョーンズがラグビーW杯で南アフリカを逆転勝利を含む3勝(歴史的な勝利)を挙げた背景にあったのが「チームコーチング」という今回ご紹介する組織開発の手法です。

カリキュラム

組織開発カンファレンスin京都

参加料 3,000